面白雑学トリビア特集

水虫という名前

このエントリーをはてなブックマークに追加
「水虫」という名前の由来は、その昔、田んぼで耕作をしていた人の足にできたことから付けられました。初めは水の中にいる虫に刺されたのではないかと考えられたことがきっかけだったのです。

その正体は「虫」ではなく「白癬菌(ハクセンキン)」というカビの一種ですが、感染する場所によって呼び方が異なるのが特徴です。

手や足、頭や陰部意外の皮膚に感染すると「田虫」となり、太股の内側や陰部に感染すると「陰金」となり、頭に感染すると「白雲」となります。それ以外に感染したものを「体部白癬(たいぶはくせん)」と呼び、足にできたものが「足白癬」、つまり水虫と呼ばれるものに当たるのです。

白癬菌が高湿度を好むため、通気性の悪い靴を履いていたり、汗を掻いて長時間放置する行為、梅雨の時期などに感染する確立が高くなります。

長らく、サラリーマンやスポーツ選手に多かったことから、大人の男の病気というイメージが持たれていましたが、最近ではブーツを履いた女性に多く見られるようになり、性別や世代は関係なく、感染する恐れのある菌であることが分かっています。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com