面白雑学トリビア特集

紙幣の老後

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本銀行から大型トラックで運びだされるゴミの量は、1日に6トンから7トンだそうです。ゴミといってもただのコミではなく、私たち庶民のが普段大事に使っているお札です。

2年から3年で寿命とされるお札は、穴を3つ開けられ溶解槽の水流でバラバラにされた後、製紙会社にもらわれてゆきます。そこで段ボールなどになって第二の人生を歩む事になるのです。

お札も道具としてのただの紙です。その使命を果たすと姿形を変え、扱いも変わってしまうんですね。もしかしたら、あなたのすぐ側に、前は紙幣だった再生紙があるかもしれませんよ。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com