面白雑学トリビア特集

横っ腹が痛くなるのはなぜ

このエントリーをはてなブックマークに追加
急に走ったり、激しい運動をした時に、横っ腹が痛くなることがあります。それは何故なんでしょうか。

例えば、給食を食べた後の体育の授業がマラソンだった、なんて時にはたいてい横っ腹が痛くなるものです。

これには、「脾臓(ひぞう)」という内臓が関係しています。脾臓は、胃の左後ろにあり、丸くて海綿状になっています。リンパ球をつくり、古くなった赤血球を破壊する役目をしています。

また、そこへ血液をためておき、激しい運動をした時には、そこから筋肉へ足りない血液を送り出す働きをしています。

物を食べて胃へ血液を送っているときに、運動までして筋肉にも血液を送り出さないといけない状態にする。その結果として、脾臓が収縮し、痛む、というわけなのです。

なるべく運動前はお腹一杯食べないようにしましょう。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com