面白雑学トリビア特集

てるてる坊主の正体

このエントリーをはてなブックマークに追加
子供の頃、遠足や楽しい行事の前日に、「明日晴れますように」と、てるてる坊主を軒さしに吊るして晴天を期待していました。これは、元々中国から入ってきた慣わしなのです。

中国では雨が降り続くと、白い紙で顔を作り、赤や緑の紙の着物を着せ、稲の穂で作ったホウキを持たせ、軒下に吊るして晴天になるように祈りました。このホウキで雨雲を払ってしまおう、という願いがこもっていたのです。

これが、平安時代に日本に伝わってきて広まったのです。

人形は、照(てる)法師、掃晴娘(さおちんにゃん)と呼ばれていました。と言うことは、てるてる坊主のモデルは意外にも女性であったのかもしれません。

残念ながら、今では中国でも、日本でも、この風習は見られなくなってきました。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com