面白雑学トリビア特集

漢字が日本に入ってきたのはいつごろか

このエントリーをはてなブックマークに追加
漢字は今から五千年も前に中国で作られ、わが国に伝えられたのは千七百年前、応神天皇の時代と言われています。

当時、朝鮮半島に百済という国があり、王の使いとして王仁(わに)という人が『論語』十巻と『千字文』一巻(漢字の「いろは歌」のようなもの。文字どおり千の文字が重複なしに使われ、しかも全体で詩になっているという書)という漢字で書かれた本を持ってきたそうです。

この本によって、わが国における漢字の文化が始まったとされています。漢字には音読み・訓読みの二通りの読み方がありますが、音読みは中国の元々の読み方で、訓読みは漢字の意味から日本の言葉に置き換えた読み方です。

従って、「辻」や「畑」といった音読みのない字は、和製漢字ということになります。

しかし一説には、王仁が実在したかどうかは疑問視されることもあり、そもそも日本という国が形成される以前から、漢字を使う民族が移民し、古来から漢字を使っていたという認識があります。

とにかく、日本にとって漢字は、とても古くから馴染みのある文字ということです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com