面白雑学トリビア特集

魚のヒレはどんな働きをしているのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
ほとんどの魚には、背ビレ、胸ヒレ、尻ビレ、腹ビレ、尾ビレの五種類のヒレがついて、それぞれのヒレには重要な働きがあります。

まず背ビレ(魚によっては2つも3つもあり、頭に近い方から第1背ビレ、第2背ビレと呼ぶ)は、体がグラグラと横倒しにならないための中心を保つものです。

胸ヒレと尻ビレは体の平衡を保ち、なおかつ前進に役立つもの。腹ビレは体を浮かせたり沈ませたりする上下に対するブレーキの役目。尾ビレは最も大切で、前進するためのもの。

これらのヒレの動きを手軽に観察するのには、金魚を水槽で飼うとよく見分けられます。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com