面白雑学トリビア特集

ヒトコブラクダとフタコブラクダ

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロバとウマをかけ合わせて生まれたラバや、ライオンとヒョウの合いの子のレオポンは、異なった種類の動物を交配させて生まれた雑種の動物です。

ラクダは砂漠地方で重要な役割を果たしている動物ですが、これには大きく分けて二つの種類があります。

ヒトコブラクダは、コブが一つだけで、アフリカやインドに多く生息しています。フタコブラクダは、コブが二つあり、中央アジアに生息しています。

コブには肉と脂肪がたくわえられており、食料が不足した際の栄養源となるため、水を飲まずに数日間耐える事ができます。このヒトコブラクダとフタコブラクダをかけ合わせると、何とヒトコブ半ラクダが生まれるそうです。

一と二を足して二で割ると、一と二分の一になるという、まるで算数のような話しですが本当のようです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com