面白雑学トリビア特集

桜もちはアイデア食品

このエントリーをはてなブックマークに追加
桜の葉でくるんだ桜もちは、江戸向島の長命寺というお寺で生まれたものです。

長命寺の門番・山本新六が、向島堤にある桜の葉が沢山散るのを見て、もったいないと思い、塩漬けにしてみました。出来上がったものを売ったところ、買う人が沢山いたので、次に葉で餅をくるんで売り出したそうです。

これが、花見客に喜ばれ、思わぬ大当たりとなったそうです。それは徳川八代将軍吉宗の頃。

以来、子孫が長命寺の境内で商売を続けているといいます。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com