面白雑学トリビア特集

赤目軽減

このエントリーをはてなブックマークに追加
写真に写った人の目が赤く光ってしまう赤目。ウサギ目とも呼ばれるこの現象は暗いところでフラッシュを使った時に起きやすい現象です。

しかし、黒い(茶色い)目が赤く光るのは何故なのでしょうか。

人間の目の一般的に黒目と呼ばれる部分「虹彩」の中心には瞳孔があります。明るい場所では狭く、暗い場所では広くなることで光量を調節しています。

瞳孔が開いている暗い場所でいきなりフラッシュを焚くと眼底の網膜にある毛細血管で光が反射して血管の色「赤」になるのです。一旦明るいものを見てから、あるいはカメラから視線を外して撮影すれば赤目は防げることが多いようです。

写真館などで専用のフラッシュをカメラから離して使うのは赤目防止というのも理由の一つです。赤目防止・赤目軽減機能があるカメラでは本番前に予備発光として数回フラッシュを使い瞳孔を狭めることで赤目を回避します。

ちなみにウサギの目が赤いのは虹彩の色素がほとんど無く網膜の色がそのまま見えるからです。全てのウサギの目が赤いというわけではないのですが。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com