面白雑学トリビア特集

「味の素」の味

このエントリーをはてなブックマークに追加
味覚には甘味、酸味、塩味、苦味、辛味があります。

しかし、辛味は刺激であり味覚ではない。それよりも「うま味」が味覚としての要素に相応しいとして、生理学的に甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の5つが基本味に位置づけられます。

「味の素」の発明者、東大教授の池田博士は、昆布だしのお吸い物がなぜ美味しいのか子供に問われて昆布の分析を始めました。

その結果、昆布に含まれるグルタミン酸ナトリウムという物質がうま味の素だと分かり、その後「味の素」として発売されました。

ちなみに、「味の素」の容器として赤いキャップに透明なビンは有名ですが、あれには秘密があったのです。

発売当初、売り上げが今ひとつ伸びない頃、業績アップのために味の素の出る穴を大きくして、一振りでたくさんの量がでるようにすれば消費量が増え売り上げが伸びると考え実行しました。その結果、売り上げは急速に伸びたそうです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com