面白雑学トリビア特集

トイレットペーパーのない時代

このエントリーをはてなブックマークに追加
紙が比較的自由に庶民の手に入るようになったのは、江戸時代の後半だと言われています。

トイレットペーパー以前の尻ぬぐい方法としては、ピンと張った縄をまたいで歩く、適当は形状の小石を見つけて始末する、課を池のそばで用を足して手で洗う、などがありましたが、最も一般的だったのは、木や竹で作った平棒でこそぎ取る方法だったようです。

この棒は「籌木(ちゅうぎ)」、「クソベラ」とも呼ばれる木片で、その使い方は「正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)」という仏教の本の中の、僧侶のトイレ内作法を説明するくだりに詳しく書かれています。

今では用後にトイレットペーパーを使うことが常識ですし、お尻を洗って、しかも乾燥までしてくれる有り難い便器も登場しています。

昔は江戸っ子がサッパリした気分を表すのに「大川でケツを洗ったようだ」と言ったようですが、衛生上からも水やお湯で洗い流すのが一番良い方法のようです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com