面白雑学トリビア特集

ミロのビーナスの手

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヘレニズム期の彫像ミロのビーナスは、1820年にギリシャのミロ島で発見されました。発見当時は、手がついていたという説があるが、正しくは分かっていません。

1987年4月1日のエイプリルフールには、イギリスの「ザ・タイムズ」は「ミロのビーナスの両腕がギリシャのミロ島で発見され、ものものしい警戒の中、ルーブル美術館におさめられた」という記事を載せたほど、その手の行方には注目があります。手があったと主張する人達は、次の四つの姿を想像しています。

㈰左手でリンゴを持ち、右手で布を持っている。
㈪海の中に入ろうと衣を脱ごうとしている。
㈫何かに驚いて慌てて下がった衣を上げようとしている。
㈬横にもう一人立っていて、その人に手を差し伸べている。

いずれにせよ、手が無い為にかえって体の線やプロポーションが美しく見え、有名になったとも言えます。ちなみに、ミロのビーナス像のブロポーションは、姿勢が前かがみなので、類推と実測をまじえて書けば…
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com