面白雑学トリビア特集

正座で足がしびれるわけ

このエントリーをはてなブックマークに追加
椅子に腰掛けて過ごす時間が多くなった近頃の人は、少し正座しているとすぐに足がしびれてしまう。この「しびれ」という状態は、どういうわけで起こるのでしょうか。

畳の上にきちんと座っている姿勢を見ると、両足の甲が畳にぴったりとついている。足の甲の皮膚の下はすぐに骨。身体の重みに圧迫された皮膚の下の血管は血のめぐりが極端に悪くなり、やがて皮膚から物を感じる知覚神経に麻痺がきて、ビリビリと電気に打たれるようになるが、これが「しびれ」の原因です。

この「しびれ」を我慢していると、筋肉を動かす運動神経も麻痺して、ついには立てなくなってしまいます。もっと、我慢していると、次には太腿の後ろ側を走っている坐骨神経が麻痺して、完全に足全体から腰へかけて動かず、こんな時に地震が来ても逃げる事は不可能になってくるでしょう。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com