面白雑学トリビア特集

お札の寿命は何年

このエントリーをはてなブックマークに追加
お札は日本銀行が大蔵省の印刷局に発注、印刷局で印刷、検査、裁断(1枚ごとに機械で切る)し、でき上がったお札を日本銀行が引き取ります。そして、日本銀行券として発行されることは、ご存じのとおりです。

ところで、お札は日本銀行の窓口から一日に、多いときで2億枚も出ていきます。金額にして1兆3000億円。こんなに毎日大量のお札が出回ったら、1カ月(25日として)50億枚にもなる計算になります。

そんなに発行したら、お札の価値が下がってしまうのでは?

でも大丈夫!お札の寿命は長くて3年。

日本銀行の窓口には、市場で疲れ果てたお札が大量に戻ってきます。ですから、市場に出回っているのは、つねにだいたい約40億枚、約20兆円といわれています。

さて、この市場にあるお札を横につなぐと、月と地球を往復する長さに相当。積み上げると、なんと富士山の100倍にもなるそうです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com