面白雑学トリビア特集

左利きの人のテーブルマナー

このエントリーをはてなブックマークに追加
高級レストランなどではテーブルマナーを知っていないと恥をかいてしまうことがあります。ここで気になるのは、右利きの人と左利きの人では違いはあるのかという点です。

実はテーブルマナーは右利きの人のためにセットされています。左利きの人が得をするのは、フォークが左側にあることくらいでしょう。しかし、ナイフは右側ですから、利き腕と反対に置いてあります。マナーどおりにはなかなか切りにくい時があります。かといって、左手にナイフはマナー違反になります。

アレキサンダー大王、ネルソン提督、キング・ジョージ4世、ベーブ・ルースなどは、みな左利きだったといいます。こういう人たちは、いったいどうしていたのでしょうか。

西洋料理も日本のお茶の世界も、左利きの作法はありません。お茶を点てる所作はかならず右手ですし、ひしゃくを扱うものも、茶筅を振るのも、みな右手を使います。

会食のとき、向かい側に座った人が左手で箸を使っているのを見ると違和感を感じるのは、やはりマナーに反するという心理が働くからでしょう。

ちなみに、人間がまだ類人猿といっていたころも、大部分は右利きだったという報告もあります。類人猿の堆積物から、左側を強打されたとみられる動物の頭蓋骨がたくさん発見できたそうです。相対してなぐり合ったとすればそうなります。

基本的には、人間は右利きが自然だと考えられます。

では、左利きはどうすればよいかということになりますが、ある有名な茶道家は、両手利きに練習すればよいといいます。左利きも握手は右手でするではないか、というわけです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com