面白雑学トリビア特集

カリスマ店員効果

このエントリーをはてなブックマークに追加
「カリスマ店員」という言葉が流行った時期がありました。今ではすっかり定着し、カリスマという言葉は普通に使われる現代用語の一つになりました。

カリスマ店員とは、その名の通り、カリスマ的要素を持った人気店員のことをいうのですが、このカリスマ店員、アイドル並の人気があります。

アパレル関係では、その店員目当てに何時間もかけて、その店に地方から来る人もいます。そんなカリスマ店員がいるお店は、一カ月あたり平均で5000万円も売り上げがあるとか。つまり、一年間で6億円も売り上げているのです。

中には一ヶ月で2億円も売り上げたカリスマ店員までいるというから驚きです。

ちなみに、カリスマ店員のいるお店には、売れ残りが少ないといいます。どんなに人気のない服でも、彼女たちが上手く着こなし、それを店頭で披露するのです。

店にきた客は、あのカリスマ店員と同じ服が欲しいということになります。そうすることにより、必然と売れ残りが少なくなるわけですね。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com