面白雑学トリビア特集

自動販売機は儲かるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本は、自動販売機大国だといわれています。外国ではあまり見かけない自販機ですが、日本では何処にでもあります。

ところで、自販機って儲かるのでしょうか。自販機の世界では、一般的に自販機を置く場所を提供してくれた人に、10〜15%の販売手数料を払うことになっています。つまり、120円のジュースが売れたら、そのうちの12〜18円が販売手数料ということになり、更に商品の補充などを自分で行えば、販売手数料は20%になるそうです。

こう考えると、自販機は置いておくだけで売れていくので、割りのいい商売のように思えてきますが、よくよく考えてみるとそれほどでもないようです。

自販機の1台あたりの売上は、平均115万円といわれています。そのうち、販売手数料となるのは12〜23万円ぐらいにしかなりません。この他に、電気代は置く場所を貸した側が払わなくてはいけないため、手元に残る金額はさらに少なくなります。

さらに、土地にかかる税金なども経費として消えていきますし、無数にある自販機の中で売り上げを保つのも、そう簡単な事ではありません。

自動販売機で儲けを出そうとした場合、意外と難しいようです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com