面白雑学トリビア特集

くもらない鏡の不思議

このエントリーをはてなブックマークに追加
一般家庭にある普通の鏡をお風呂場で使っていると、湿気と温度変化によって曇ってしまいます。そこで曇らない鏡が考え出されました。

しかし、何故くもる鏡とくもらない鏡があるのでしょうか。

鏡が「くもる」というのは、水蒸気が細かい水滴となり鏡に付着した状態のことを言っています。

この細かい水滴一粒一粒が不規則なプリズムのような働きをして、光を乱反射させています。この事によって、くもった鏡は見づらいという現象を起こしているのです。

それでは、なぜ鏡に水滴が付着するのでしょうか。それは、鏡が水をはじく性質があるからです。ということは、水をはじかない鏡が存在すれば、くもらない鏡が出来るということになりますね。

それでは、水をはじくようにするにはどうしたらいいのでしょうか。それには、鏡の表面を濡らしてしまえばいい。何よりの証拠に、鏡を水の中に沈めてしまえば、鏡は決してくもることはありません。

しかし、それでは不便でしょうがないですよね。そこで、鏡の表面に界面活性剤をコーティングした特殊なフィルムを貼って鏡の表面を親水性にしてくもりづらくしているのです。

このことは、鏡に石鹸をぬってくもり止めとしたのと同じ原理となっています。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com