面白雑学トリビア特集

そば湯は栄養満点

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の健康ブームのせいでしょうか。「そば」を食する人が増えつつあります。

「もりそば」や「せいろそば」を食したあとに、残った麺汁にそば湯を入れて飲む。そば好きの人には、そばの醍醐味を味わう、何とも言えない一時を与えてくれるものです。

ところで、同じような麺類にもかかわらず、うどんやそうめん、ラーメンなどの茹でたお湯を飲むということは聞いたことがありません。このそば湯は、どうして飲まれるようになったのでしょうか。

そば湯は、そばを茹でたお湯のことです。そば湯を飲む習慣は、江戸時代の中期に信州で始まったとされています。古い文献によると、「そばを食べた後に、そば湯を飲まないと病にかかる。食べすぎても、そば湯を飲めば害はない。」ということが書かれているようですが、信憑性がありません。

その頃には、そばにどれだけの栄養素が含まれているのか、知る余地もなく、どうしてそば湯が飲むようになったか、理由ははっきりしていません。

現代では、そば粉には、ビタミンB1・B2・ルチンなどの栄養素がたっぷり含まれていることが知られています。これら栄養素は、水に溶けやすいという性質の為、そばを茹でるとき、お湯の中に溶け出してしまいます。これを補う為に、そば湯を飲んでいるという説があります。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com