面白雑学トリビア特集

色鉛筆は既に削られている

このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたは、最近「鉛筆」を使用しましたか?

小学校の時には、鉛筆をよく利用していたと思いますが、いつの頃からか鉛筆を使わなくなっていませんか?そんな鉛筆をちょっと思い出してみてください。

鉛筆は、お店に並んでいるときには、削っていない状態で売っていますよね。

では、色鉛筆はどうだったでしょうか。

色鉛筆の場合は、すでに削られているものがほとんどだと思います。

どうして、黒鉛筆と色鉛筆では、お店に並んでいる状態(削れているか、いないか)が異なるのでしょうか。

その理由は単純です。黒鉛筆を使用する際には、使用する鉛筆を1本だけ使用することとなりますが、色鉛筆の場合は異なります。色鉛筆の場合は、色々な色を使用する場合が通常で、複数本の鉛筆を同時に使用しているのです。

もし、色鉛筆が最初に削られていないとすると、まず、複数本の色鉛筆を削ることから始めなくてはいけません。この作業を、色鉛筆の作成の際に、工程の一環として組み込まれたのです。

余談になりますが、色鉛筆の場合のほとんどは丸い形をしています。これは、色鉛筆の芯が、黒鉛筆に比べ太くて柔らかいためです。このため、芯の周りを同じ厚さの木で支えるという方が、折れにくいからだそうです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com