面白雑学トリビア特集

ポテトチップスを考えたのはだれか

このエントリーをはてなブックマークに追加
「必要は発明の母」といいますが、さして必要でなくても、偉大なる発明をすることがあります。

ビールのつまみにぴったりの、あのポテトチップスを発明したのは、アメリカはニューヨーク州のサラトガ温泉にある某ホテルのコックさん。そのコックさん、いつものようにジャガイモを輪切りにしたまではよいのですが、その小片の一つを誤ってフライ鍋に落としてしまったのです。「おっと、いけねえ」とばかり急いで拾い上げ、ついでに口に運んでみると、これがじつに乙な味でありました。「よ−し、いっちょ試してみるか」といって、ジャガイモを薄切りにして、さっと油で揚げてみました。それを料理に添えて出してみると、なかなか好評。

1867年のことです。

サラトガ温泉に集まる上流階級の人たちが、そのホテルのレストランにおおぜい詰めかけ、ポリポリ、パリパリ口に入れたので、たちまち名物になってしまいました。

ネーミングは「サラトガ・チップス」。当時は、上流階級の人たちのあいだで珍味として重宝がられました。一般大衆の口に入るようになったのは、なんと発明以来58年たった1925年のこと。

ニューヨーク州アルバニーで専用工場ができ、大量生産されてからです。ちなみに、日本では第二次世界大戦直後、アメリカン・ポテトチップスの社長、浜田音四郎氏が最初に手がけました。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com