面白雑学トリビア特集

タイ焼きのシッポにアンを入れるべきか

このエントリーをはてなブックマークに追加
敗戦による物心両面の荒廃から、やっと日本が立ち直りかけたころ、東京新聞の演劇記者で、のちに『巷談本牧亭』で直木賞を受けた安藤鶴夫(1908〜1969)は、東京・四谷のタイ焼き屋でシッポにまでアンが入ったのを見つけ、「いまどき、こんな良心的な」と、いたく感激。会う人ごとに吹聴し、おかげでその店はすっかり有名になりました。

このエピソードはご存じの方も多いでしょう。

ところが、俳優の森繁久弥氏は『続・値段の明治大正昭和風俗史』(朝日新聞社)の「たいやき」で、「そのたいやきは私の時代のとは少々違っていた。尻っぽまでアンが入っているというので有名だという。値段を聞いて高級菓子なのに驚いた」と記しています。

おっしやるとおり、タイ焼きはもともと、ごく下野な食い物で、シッポにアンなど入ってはいませんでした。

アンなしの、あのカリッとしたシッポの部分は、胴体のアンを食べたあとの口直しの効用もあったのです。ですから、東京っ子の安藤氏が絶賛したのは、タイ焼きとしては邪道といってよいでしょう。

お好み焼きだって昔は関西では洋食焼き、関東ではドンドン焼きなどと呼ばれ、子ども相手の屋台のものだったのが、いまやしゃれたレストラン風の店もあって、若い女性に圧倒的人気を呼んでいます。

シッポまでアンを入れて、タイ焼きが高級菓子に化けたのも、ご時勢というものでしょうか。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com