面白雑学トリビア特集

欧米と日本ではハンドルが逆なのは何故か

このエントリーをはてなブックマークに追加
欧米は右側通行、日本は左側通行。自動車のハンドルもこれに合わせて、左右逆であることはご存じのとおり。

ところが、おもしろいことに中世期のヨーロッパ人は左側通行でした。当時の人は旅先などで、いつ追いはぎや敵に出会うかわからなかったので、つねに刀や槍などの武器をたずさえていました。

武器は普通、利き手の右に持ちますので、右側で敵を受け止めなければなりません。

そこで、左側通行が必要だったわけです。

ところが、銃が普及してから事情が変わりました。銃は左に持ちます。とっさの場合にパッと左に身をよじらなければなりません。そこで、右側通行が始まりました。

アメリカの場合は、開拓史時代からの名残です。開拓者たちは、いつインディアンやアウトローに会うかわからない。そこで、つねに銃を持って右側を歩いていたのです。

日本は、武士が刀を使う時代から一足飛びに明治時代に入ったため、銃を持ち歩く習慣はありませんでした。

しかし、武士は左腰に刀を差していました。町民も旅に出るときに限り「道中差し」と呼ばれた短い刀を差して歩くことが、とくに許されました。

中世のヨーロッパと同じです。自分の身を守る武器を左側にたばねていたため、右手を自由に使える左側通行が生まれたのです。

また、武士にとっての刀は神聖、かつ「魂」です。「鞘当て」と称して刀がふれ合うだけで「無礼者」とばかりにけんか、争論となり、傷害ざたになることも、けっしてめずらしくはありませんでした。

一説によると、これを避けるために左側通行になったという話もあります。洋の東西を問わず、歩道を左右に分けたのは武器の所持にあったようです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com