面白雑学トリビア特集

小銭は最大20枚までしか使えない

このエントリーをはてなブックマークに追加
たとえば、100円の買い物をする場合、支払いは全部1円玉でもよいのでしょうか。

答えはノーです。

現行のコインは「臨時通貨法」(日華事変、つまり昭和12年に起きた日本と中国の全面戦争の日中戦争のさなかの戦時立法)に基づいて発行されていますが、同法によるとコインには通用力の限度が決められているのです。

100円玉なら2000円分まで、50円玉は1000円、10円玉は200円、5円玉は100円、そして1円玉は20円までと決められています。

つまり、どの額面のコインでも、同額面ばかりで支払いができるのは20枚までとなっています。

21枚以上そろえて出したら、受け取りを拒否されても仕方がないというわけです。

これは、1円玉や5円玉といったコインは「臨時通貨法」で、お札を補助する臨時の貨幣として定められているからです。

当然のことながら、お札のほうは上限を定められていないので、1000円札を何枚出そうが通用力はあります。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com