面白雑学トリビア特集

料理屋の店先に塩が盛られているのは何故か

このエントリーをはてなブックマークに追加
これは、中国の故事に由来するもので、客の足を止めるための縁起かつぎです。

昔、中国の皇帝はたくさんの側室を囲っていました。一人一人の側室たちに邸宅を与えて、皇帝は夜な夜な牛車に揺られて邸宅を訪れていたのです。ところが次第に皇帝の足が遠のいてしまうような側室もでてきました。

そこで、その側室がなんとか皇帝を邸の前で立ち止まらせる方法がないかと考えた末、皇帝がダメなら牛車の牛はどうだろうかと思い、牛の大好きな「塩」を門前に盛りました。

案の定、牛は大好きな塩を見つけて、そこから動こうとしませんでした。皇帝はしかたなく、その邸に入っていったそうです。

ここから、客の足を止めて、たくさん入るように盛り塩をするようになったのです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com