面白雑学トリビア特集

サンタはなぜ赤い服を着ているか

このエントリーをはてなブックマークに追加
古い絵などを見ると、サンタクロースはブルーのマントや毛皮を着ていたり、その格好はさまざまです。

現在の様な、サンタクロースの姿になったのは、1931年のこと。

コカコーラ社が、クリスマス用の広告に、サンタクロースを起用したことに始まります。制作を依頼されたデザイナーは、早速、コカコーラ社のセールスマンの1人をモデルとして、商標カラーである赤と白を使い、サンタクロースをより親しみのあるキャラクターに書き上げました。(常にコーラを片手に持っていますが)そのキャラクターが大ヒット。すっかり人々の頭の中へと定着し、以降、長年にわたって愛されています。

サンタクロース(英:Santa Claus)は、クリスマスにやってくるとされている太っちょのおじいさん。通常クリスマスイブの夜に、トナカイのソリに乗ってやってくるとされる。各国語ではさまざまな名前で呼ばれるが、日本語では英語の影響で「サンタクロース」と呼ばれ、サンタ、サンタさんとも呼ばれる。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com