面白雑学トリビア特集

ルームランナーは元々、拷問器具だった

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジムなどでよく見られる『ルームランナー』は、海外では一般に「トレッドミル」と呼ばれる様に、元々は粉をひくための踏み車から来ています。

なんと昔は、囚人の罰としてこの作業をやらせていました。

1865年、イギリスの監獄法によると、16歳以上の囚人は最初の3ヶ月間、トレッドミルをやらされることになっていました。

看守が「よし」と言うまで、囚人達は延々と、この踏み車を踏み続けなければいけませんでした。

1953年、アメリカの会社が、ルームランナーを発売。この拷問器具は、室内の運動器具として、思わぬ形で復活したのでした。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com