面白雑学トリビア特集

ひょんなことの「ひょん」て何?

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ひょんなこと」という言葉の意味は「意外で奇妙なこと」「とんでもないこと」ですが、この「ひょん」という言葉、その語感から「何かの音」ではないかという風に思われていますが、実際はそうではないようです。

これには現在有力な説が2つあります。

まず1つは、なんのヒネリもないが「ヒョン」という植物の名前から来ているという説。イスノキ(柞)という木があり、その別名をヒョン、あるいはヒョンノキという。この木にできる実は卵形をしていて、毛が密生し、他にあまり類のない姿をしていることから、意外で奇妙な様子を「ひょんな」というようになったといいます。

もう1つの説は、漢字の「凶」に由来するもの。あの新井白石は「同文通考」というものの中で、「ものの良からざることをヒョンというが、それは『凶』という字の中国語読み(唐音)のヒョンからきている」と述べています。

つまりヒョンという言葉は、良くないこととして使われていたのだということになります。

現在有力なのは後説の方だと言われています。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com