面白雑学トリビア特集

寝相診断は当たる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
無意識の姿勢だからこそ寝相にはその人の性格と何らかの関係があります。アメリカのサミエル・ダンケル医師やイギリスのクリス・イドジコウスキー教授の研究ではそれがパターンとしてまとめられているのです。寝相による性格診断、その一例を紹介してみましょう。

体を丸める胎児型は、内向的で繊細さを持ち他人への甘えや依頼心が強い。

膝を少し曲げる程度の半胎児型は、バランスの取れた性格で社会に柔軟に対応するため付き合いやすい。

仰向けで大の字になる王様型、ヒトデ型は他人に対して寛大で、また聞き上手。うつ伏せは細かいことを気にする神経質な性格で幼さも残り、頼りない面もある。

少し特徴のあるものでは、仰向けで腕をわきにつけた兵士型は、おとなしい性格で遠慮深い。横向きで足を伸ばし腕は体に沿う丸太型は社交的で楽天家。丸太型の腕を広げた型は疑い深い傾向。うつ伏せで両手は頭の両側の自由落下型は率直で社交好き…などなど。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com