面白雑学トリビア特集

ニンニク臭の消し方

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニンニクの強いニオイの原因はアリシンという物質です。元々ニンニクには無臭のアリインという状態で存在しています。

切ったりおろしたりすることで細胞が壊れ、アリイナーゼという酵素が作用して硫黄化合物のアリシンに変わります。さらにアルキルスルフィドなどに変化し、さらにニオイは強くなるのです。

無臭ニンニクというものがあります。これにはいくつか種類がありますが、品種改良で栽培の段階から酵素を少なくしたもの、加工時に加熱処理や糖類添加で酵素の働きを弱くしたものなどがあります。

食べる時には無臭でも消化の過程で多少ニオイが出ますが、ニオイがある方が栄養面では良いとも言われているようです。

ところでニオイ消しによく使われる牛乳。これは牛乳の脂肪分がニオイの元を包み込むためで、チーズやヨーグルトにも同様の効果があります。しかし牛乳よりも水、さらに青汁の方が消臭効果があるそうです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com