面白雑学トリビア特集

納豆生みの親

このエントリーをはてなブックマークに追加
好き嫌いが大きく分かれる食べ物の中に「納豆」があります。特に外国人にとっては、刺し身みたいな生魚よりもさらに嫌われる傾向があります。納豆が嫌われる原因はたいていその「におい」と「ネバネバ」でしょう。もっとも納豆好きにとってはこれがたまらないらしいですが。

日本の歴史の中でこの糸引き納豆を発明したのは、八幡太郎義家という人だったといいます。平安中期の武将で、前九年の役や後三年の役で活躍した人で、いろいろな伝説が残っている人。

納豆の発明は、このうち後三年の役のとき。義家が陣地内で大豆を煮ていたところ、敵の急襲を受けたのです…

そこで、その大豆をとりあえずワラ俵の中に詰め、戦い、翌日戦いが終わり、大切な兵糧だった大豆を取りに戻ってみると、中から出てきたのはヌルヌルになった糸を引く大豆。

戦地でなければ「腐ってしまった」と捨ててしまうようなものですが、そこは戦地、他に食べ物がなかったので、こわごわ口にしてみた、それがおいしかった、というもの。

そんなにうまいこと腐るものなのか、たったの1日足らずで納豆が出来てしまうものなのか、という部分では多少伝説的なものを感じますが、いずれにせよ納豆の生い立ちというのは偶然ではないかと言われています。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com