面白雑学トリビア特集

逆探知にかかる時間

このエントリーをはてなブックマークに追加
「犯人が電話をかけてきたらなるべく時間を稼いでください。」刑事ドラマでは結局時間を稼げず、逆探知に失敗するのがお決まりのパターン。それにしても、一体逆探知にはどれぐらいの時間がかかるのでしょうか。これは通話が経由される交換機によって違ってくるようです。

クロスバー交換機というものを通ってくる電話だと、どの電話と繋がっているかをいちいちランプを見て調べなければならず、時間が掛かってしまいます。しかも大抵は複数の交換機を経由してくるので、さらに手間暇がかかるのです。しかし、最近では電子交換機やデジタル交換機が増えてきたので、これならどこからかかってきたか一瞬のうちに判明するのです。

経由していた交換局すべてが電子交換機またはデジタル交換機ならば本当に一瞬です。あいだにクロスバー交換機があれば、そのたびに時間が掛かってしまいます。クロスバー交換機はなくなりつつありますから、これからは逆探知にかかる時間はますます短くなる、ということだそうです。

現実に、公衆電話から脅迫中にあっさり捕まったなんていう間抜けな話もあるようで、犯人側が番号通知ONの状態で、ナンバーディスプレイでバレた、というアホなケースもあったようです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com