面白雑学トリビア特集

助六寿司の歴史

このエントリーをはてなブックマークに追加
いなり寿司と巻き寿司がセットになったものを「助六寿司」といいます。

この組み合わせは江戸時代からあるもので、有名な歌舞伎の演目である「助六由縁江戸桜」(すけろくゆえんのえどざくら)から来ているものだそうです。この作品は歌舞伎の中でもわかりやすいものとして知られています。

この話は簡単に言うと、曾我五郎は奪われた源氏の名刀「友切丸」を取り戻すために「花川戸の助六」として吉原に潜入する。そこで助六の愛人だったのが遊女の「三浦屋の揚巻」という人。この揚巻に横恋慕する意休という人物が友切丸を持っていて、助六が取り返す。

というものだそうです。

助六寿司は元々この演目で幕間に出された弁当と言われ、その中身は「揚巻」という名前に由来します。

つまり「揚げ」を使ういなり寿司に「巻き」寿司というわけ。助六と揚巻は切っても切れない関係ということになるんですね。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com