面白雑学トリビア特集

敷金・礼金

このエントリーをはてなブックマークに追加
引越しをする時に真っ先に気になる「敷金」と「礼金」。

「家賃2ヶ月分」など具体的な金額で提示されることもあるこれらの費用は、時に数十万円にもなり、大きな負担になりますよね。

そもそもこれらのお金は慣習によるもので、法的に定められているものではありません。

まず敷金とは簡単に言えば担保や保証金。家賃の滞納に備えたり、部屋を返す時の「原状回復」に必要な費用として使われます。

原状回復には通常使用による劣化・老朽化は含まれず、敷金は普通返ってくるお金です。

ただし、関西の敷引きという制度では、敷金の一部が礼金として差し引かれることもあります。

礼金とは読んで字の如く家主に対するお礼です。もともとは戦後の住宅難の頃、貸してくれてありがとうという気持ちを表したもので、関東を中心に広がった慣習です。だから敷金とは違って返って来ないものです。

現在では仲介業者への報酬になっていたりもしますが、時代に合わないという声も強く、最近では、礼金ゼロとしているところが増えてきているようです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com