面白雑学トリビア特集

舌を噛んだら本当に死ねるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加
敵に捕まって捕虜になった人が自殺を図る際に、何もないところで取る手段。舌を噛んで死ぬというのは時代劇や小説などではよく出てくる自殺方法です。

手足を縛られていても、道具が無くても舌を噛むだけで死ねるので、それを阻止するために猿轡をしたり口に縄を掛けて閉じれないようにしたりします。

では、何故舌を噛むと死ぬのでしょうか。そもそも本当にそんなことが可能なのでしょうか。

結論から言えば「死ぬこともある」という程度だそうです。

直接の死因は窒息か出血多量によるもので、傷ついた舌や切り離された舌の一部が喉に詰まり、飲み込んだり吐き出したりという動作に舌の働きは意外に必要でそれが難しくなるために窒息するという理屈らしいのです。

出血多量は血管がたくさん集まっているところを切断すれば場所が場所だけに乾燥しにくい、ということです。

しかし実際は舌が喉に詰まるということも少ないうえ、出血にしても血管の周りの筋肉が収縮して止血の働きをしてくれることが多いようで、さらに元に戻す手術も比較的簡単な方だそうです。

イメージのように確実には死ねない方法なのでした。もちろんものすごく痛いのは言うまでもなありません。

相当な覚悟と動機があり、追い込まれた状況でなければ、自分の舌を噛み切ることは出来ないでしょう。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com