面白雑学トリビア特集

血液型ゼロ型?O型?

このエントリーをはてなブックマークに追加
血液型には色々な分類の仕方があります。Rh式、Lewis式、MN式、Duffy式…などなど。

しかし一番知られているのがA型、B型、AB型、O型に分類するABO式ではないでしょうか。

では何故O型はC型ではないのでしょうか。A、Bと来たら次はCになっても良さそうなんですが…

この分類法を発見したのは1901年、オーストリアの医師カール・ラントシュタイナーという人。

異なるタイプの血液同士による凝集反応を利用したもので、A抗原を持ちB型の血液を凝集する(固める)「抗B抗体」を持つA型、B抗原を持ち「抗A抗体」を持つB型、抗原を持たないC型と分類しました。

ところが後にどちらの抗原も持つ血液型が見つかりました。これが「AB型」で、それまでC型としていた血液型は両方持っていないことから「ゼロ」の意味を込めてO型と名前を変えたのでした。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com