面白雑学トリビア特集

切り身が刺身

このエントリーをはてなブックマークに追加
海に囲まれた日本、新鮮な魚が手に入るからこそ出来る刺身は日本食材の自慢です。

ところでこの刺身という字、単なる魚の切り身がなぜ「刺す」なのでしょうか。昔は串に刺して食べていたのでしょうか。

日本人が魚の刺身を食べるようになったのは室町時代の中期頃。鮮度を維持する技術がなかった当時、殺菌力のある酢であえて膾(なます)で食べていました。

その後、天然氷を使って運びだすと、今のような刺身を食べられるようになったのです。

とは言っても、刺身の状態では一部の人しか食べられない高級品で、切り身の状態では魚の名前がわからないため、ヒレやエラの部分を魚肉に「刺して」おいたことから「刺身」と呼ばれるようになったそうです。

一方で切り身の「切る」が「縁を切る」や「人を切る」に通じるために、置き換えたとも言われていますが、「刺身」という表現も忌み嫌われて「お造り」と表現している地方もあります。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com