面白雑学トリビア特集

のどちんこは何のためにあるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
口を大きく開けて、喉の入り口を見ると、小さな突起物がぶら下がっています。いわゆる「のどちんこ」と呼ばれるものですが、正式名称は「口蓋垂(こうがいすい)」と言います。

ところで、この「のどちんこ」は、どんな役割を持っているのでしょうか。ついているからには、何か大事な役割を持っているものだと思ってしまいます。

実は、何の役にも立たないのです。その証拠に、扁桃腺の手術の時に誤って切り取っても、なんら支障がないのだそうです。つまり、虫垂炎の原因となる盲腸の虫垂と同じようなもので、無くても身体に支障はありません。

一応、発音の補助、誤飲防止などの役目があるとする説や、口腔から鼻腔への異物の侵入を防止する役目があるとする説もあります。

また、のどちんこが大きい人は、いびきを掻きやすいと言われています。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com