面白雑学トリビア特集

偏平足が疲れやすい理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
土踏まずがなく、足裏全体が平になってしまった状態のことを、偏平足と言います。

一日中立って仕事をしている人に多く見られ、足のだるさや腰の痛みなどを訴えるので、比較的発見しやすいです。

人間の足を土踏まずの側から、つまり横から見ると、その骨格はアーチ型をしていて、丁度太鼓橋のような形をしています。

歩行に際して、上から体重を支えるのには弓なりの構造の方が強いのです。このアーチが崩れて変形し、足裏が平らになってしまったものが、偏平足です。

偏平足になると、足裏にかかる体重の負担が大きくなるので疲れやすく、ひどい時には痛くて歩く事も出来なくなると言います。予防・治療には、青竹踏みしたり、芝生や砂地の上を裸足で歩くことが有功です。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com