面白雑学トリビア特集

形見分けの由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
わが国では、親が亡くなると、子供達や縁者が集まって形見分けをします。普通形見分けは、忌明けの四十九日に行うようです。この風習は日本だけであり、外国では見られません。

例えば、形見分けの品として代表的なものに着物があります。日本独特の着物は、丈の長短を自在に調節出来るから、誰にでも着られるからです。

そのまますぐにでも着られるし、染め直して作り替える事も出来る。このように着物は一人一代限りのものではありません。親から子へ、そして孫に受け継ぐもの。これは財産を受け継ぐ事なのです。

肌につけたものには、魂がこもっているという日本人の古い思想のあらわれが、形見分けとして今に受けつがれているようです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com