面白雑学トリビア特集

油酔い

このエントリーをはてなブックマークに追加
天ぷらやコロッケなど、家で揚げ物をしていると胸焼けがして気分が悪くなって、いざ食べる時には食欲が無くなっていることがあります。いわゆる油酔いと呼ばれる現象ですが、これは加熱した油の揮発成分に原因があるのです。

油酔いは新しい油では起こりません。使い回したものや長時間加熱している食用油は、脂質の過酸化(油の劣化)によって発煙しやすくなります。これに含まれるアクロレインなどの揮発成分を吸うと気分が悪くなるのです。

また劣化した油で揚げたものを食べても油に当たることがあります。

これを防ぐにはまず古い油は使わないこと。それから一度に大量の油を入れるのではなく、少量の油から始めて必要に応じて足していく、という使い方が良いそうです。

他にもコメ油やブドウ種油など、油酔いを起こしにくい食用油を使うという手もあります。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com