面白雑学トリビア特集

雨のシーン

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドラマや映画では、雰囲気に合わせて気象まで作り出します。その中でも代表的なのが雨のシーンです。名人のような人が降らせる雨は、カメラで撮影すると、本物に見えてしまうから不思議なものです。

セット撮影の場合、穴のあいたパイプを何本も吊り下げて降らせたりします。

ロケやオープンセットの場合は、ホースの先を空に向けて左右に振りながら雰囲気を出します。どしゃぶりは、カメラの前に大雨を降らせるだけで、霧雨は大型の噴霧器を使います。簡単なように思えますが、雨にも微妙な表情が要求されるため、ホースの先に当てた指で調整します。これが職人のなせる技なんですね。

最近では、CGを使って雨を降らせることもありますが、お金がかかる上、その場の雰囲気で調整出来ないため、未だに手作業が主流のようです。

ちなみに、本物の雨が降っている時は、多くは撮影中止になってしまうそうです。

高価な撮影機材、照明器具を濡らしてしまいますし、雨の量が変わったり、止んでしまうと、シーンのつなぎ目が不自然になってしまうからだそうです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com