面白雑学トリビア特集

雨の中を走るのと歩くのとでは、どっちが濡れ方が少ないのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
天気予報を信じて家を出たら、午後になって突然雨が降り出す事があります。こんな場合、傘を持っていない時に少しでも濡れないように必死に走る人がいますが、本当に効果があるのでしょうか?

走ってしまったせいで、余計に濡れているような感覚になる時もあります。歩いていたら、もっと濡れずにすんだかもしれないと思ったり。

もし、同じ状態の雨と仮定した場合、同じ距離を行くか、それとも同じ時間を行くかで違ってきます。

同じ距離では、歩くより走った方が、濡れ方は少なくなります。

ところが、一定時間だと逆に歩いた方が濡れ方は少なくて済みます。これは、雨はだいたい上から降ってくるため、走るとかえって雨を受ける面積が広くなってしまうためです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com