面白雑学トリビア特集

日本最古のタイムカプセル

このエントリーをはてなブックマークに追加
「56億7000万年後の世に伝えたまえ」平安時代の人々はそう願って、経典や銅や石で作った筒に納め、土中深く埋めました。

なぜこんな事をしたかというと、永承7年(1052年)が「末法初年」とされ、仏教が亡滅する年と考えられていたからです。

その為、経典の滅亡を恐れた貴族や僧侶たちはこぞって経塚を作り、経筒に写経やミニチュアの仏像を入れて埋納し、56億7000万年後に弥勒菩薩が第二の釈迦となって現れる時まで残そうとしました。まさに、日本最古のタイムカプセルというわけです。

ちなみに、世界最初の本格的なタイムカプセルは、1971年に日本万国博を記念して松下電器産業と毎日新聞社が主催となり作られた「タイムカプセルEXPO'70」(内径1m,容量500lの球体)が有名です。

中には2097点にのぼる現代文化のエスプリが収納されている。この五千年後の人々へのメッセージは、大阪城本丸跡の地下に埋まっています。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com