面白雑学トリビア特集

指の指紋は何の為にあるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
指紋は、犯人の決め手となる一番の手がかりにもなります。しかし、普段生活している中で指紋を意識することは殆どありません。

そもそも指紋は何のためについているのでしょうか?

元々指紋は、指に凹凸をつけることで、摩擦を起こして物を掴みやすくする、言わば滑り止めの役割をしています。

また、指紋の線には神経が一杯集中していて、物に触るとすぐにわかる、という指の触感を敏感にする役割も果たしています。

昔のテレビや映画で、ヤスリで指紋を擦り取って犯行を誤魔化すような事がありましたが、指紋は皮膚のずっと下の真皮層に出来ているので、いくら削り取っても、また浮かび上がってくるのです。

そして、指紋は受精後3ヶ月の胎児のころに形成され、その形は死ぬまで変わらないと言います。

まさに唯一無二の模様なんですね!
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com