面白雑学トリビア特集

人肉は腐りかけが一番旨い

このエントリーをはてなブックマークに追加
1972年、ウルグアイの学生ラグビーチームを乗せた飛行機がアンデス山脈の雪山で遭難し、33名が生き残ったが、数日後捜索は打ち切られてしまう。絶望と飢餓に襲われた彼らは、犠牲者の屍の人肉を食べてしまう。その後、16名の若者達は、72日間を生き延びて奇跡に生還を果たした。

これは南米アンデス山中で実際に起こった信じられない出来事です。

人肉食はタブー視されても、昔は世界各地で行われていました。お隣りの中国では「二本脚の羊」という名称で、市場で売買されていたこともあります。

それでは、人肉はどのようにして食べたのでしょうか?

20世紀初めまで人肉食が行われていた南太平洋のフィジー島では、人肉を煮る、焼く、むし焼きの三方法で食べていたとか。

一番美味しいのは子供の肉、次に女性の肉、それも肩からヒジのまでと、太もも。言ってみれば鳥肉の手羽先とモモ肉が旨いのと同じです。

しかし、何と言っても最高なのは、腐りだして緑がかったものを、タロイモの葉っぱでくるんで、プディングのようにして食べるのだそうです。

今考えると信じられないですね。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com