面白雑学トリビア特集

武士はなぜ腹を切ったのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
武士道の一つの極みとも言える切腹。この風習は日本独特のものだと言われています。

かつて日本男児の心の中には「武士道」という価値観がありましたが、切腹する意味をどう捉えていたのでしょうか?

考えてみると、自害する手段としては、腹を切るよりも、胸や喉を突く方が確実に死ねるはずです。それなのに、あえて腹を切る方法が生まれたのはどうしてでしょうか?

これは、日本人の考え方の中に「生命の源は腹にある」という思想があり、ここを切り開いて己の全てをさらす、という発想があったからだと言われています。

また、腹を切るのが最も苦痛が激しいので、その勇気を誇示しやすいという意味もあったそうです。

昔の「サムライ」の覚悟とは、半端なものではない、ということが伺えます。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com