面白雑学トリビア特集

CDディスクはなぜ12cmなのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
エジソンの発明以来アナログのディスクで音楽を楽しんでいましたが、CDの開発によってアナログからデジタルに移行が進みました。

録音された音がより正確に再生出来るようになり、革命的な技術として世の中に広まって行きました。

しかし、この素晴しい技術とは裏腹に、ディスクの大きさを決めた理由が意外と適当だったそうです。

当初は、コンパクトを意識してカセットテープの対角線の11.6cmと同じ直径にしようとしたそうです。

しかし、これでは60分しか吹き込めないので、クラシックの長い曲などが入らない。その基準となったのが、ベートーベンの第9の演奏時間74分40秒。

この時間に合わせるとなると、75分入る容量が必要になるので、11.6cmから12cmにしてしまおうという事になりました。

それで今の大きさに決まることとなったのです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com