面白雑学トリビア特集

切腹の介錯人の心得とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
介錯人とは、切腹する時に首をはねる人の事ですが、その際の心得などをいくつか紹介します。

まず第一に大切な事は、首の骨と骨の間を切るという事。骨自体はとても刀で切れたものではなく、刀をはじき返すほどの強度を持っているといいます。

次に大切なのは、首の皮を一枚残して切る事。すると切られた首が飛んでいってしまわずに、前に掘ってある穴の中にうまく転がり込む事になるというわけです。

介錯人とは、あくまでお手伝いする人ですから、本来は本人が真一文字に腹かっさばいてから首を切るのが当然です。しかし江戸時代も長く続くと、腹を切れるほどの根性のある人は少なくなり、お腹に刃を突き立てた瞬間に首を切るのが普通になりました。

中にはそれさえもできなくて、竹光を腹に当てる格好だけする場合もあったとか。

今では、それすらも嫌ですよね。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com