面白雑学トリビア特集

乙の意味

このエントリーをはてなブックマークに追加
ひと味違ったものを評して、乙な味だとか、なかなか乙であると言う表現がありますが、この「乙」というのは、乙の調子からきた言葉なのです。

人間の声は、だいたい2オクターブくらいの音域ですが、高い方を「甲」の調子といい、低い方を「乙」の調子といっていました。

江戸時代に、三味線に合わせて歌う時に、子供などは伴奏よりも1オクターブ高い声で歌うのを「甲で歌う」と言っていました。それに対して、老人などが1オクターブ低い声で歌うのを「乙で歌う」といっていたのです。

芸歴が長い老人などは非常に味のある渋い声だったので、そこから微妙な味わいのあるものをさして、「乙な味だ」というようになったのですね。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com